まず消費拡大

国民の消費拡大を狙ったプレミアム付き商品券は、全国97%の自治体で発行しています。
その内容はいろいろで、額面以上の消費ができることから人気があります。
この消費を狙ったビジネスも盛んになっています。

自治体の市町村民を対象にしたものについては、町の活性化として、普段買い物をしない店舗で購入をすることになり、そうした消費者に対しての新ビジネスなども展開しています。
大きなスーパーなどであれば、割引の多い商品を買い求めることができますが、このプレミアム付き商品券は使えない。

しかし地元の商店街で買い物をすることを半ば強制的に行う事によって、人の流れが変わります。
そうした消費者に対して、定価のものだけど付加価値の一つとして、もっと馴染みになってもらおうということも目的になっています。

そうした消費者を手放さないために、各自治体などでできる範囲のビジネス展開をしていくことで、それぞれの地方が元気になっていくことが大きな目的です。
お金がないのではなく、使っていくことを目的としていますが、それを地元に還元してもらいたいというのが本来のプレミアム付き商品券の目的になります。

現在、全国で随時発売しているものですが、変わり種として自治体外の方にも提供でき、旅行券として発売しているケースも目立っています。
中には額面の50%増しの利用価値があるものもあり、完売が続出している自治体もあり、ますます注目されています。